EDEについて

About

目的

デジタル技術を用いた教育及び学習によって蓄積され、収集される「教育ビッグデータ」を科学的に解析し、可視化して教育及び学習を支援するためのエビデンス駆動型教育の学術研究を推進し、実践し、及び啓蒙していくことを目的とする。

EDEロゴマーク

「EDE」の3文字をモチーフに、データ・エビデンスをもとに教育革新を加速させ、未来に向けて発展させていきたいという想いを込めています。

ごあいさつ

代表理事 緒方広明

GIGAスクール構想や新型コロナウイルスへの対応により、一人一台の情報端末を用いた学習環境が整備されました。このような新しい教育・学習環境では、これまでの知見の蓄積があまりなく、これまでの経験が通用しない部分が出てきます。従って、一人一台の情報端末を用いた学習環境で自然と蓄積される教育データを活用して、様々な教育・学習で得られるエビデンスを全国の教育現場で共有していく必要があります。

このような中、エビデンス駆動型教育研究協議会(略称 EDE)は、デジタル技術を用いた教育及び学習によって蓄積・収集される「教育ビッグデータ」を科学的に解析し、学びのプロセスを可視化して、エビデンス駆動型教育の学術研究を推進し、実践していくことを目的に設立されました。

教育データを収集し分析するには、学校や教育委員会、民間企業、大学の協力が必要です。EDEは、その起点となり、デジタル教材閲覧システムBookRollを含むLEAFシステムを教育現場に導入して、実際に教育データやエビデンスを活用した教育を実践していきます。是非、みなさま、EDEにご参加のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

事業

  1. 教育データの収集及び解析(ラーニングアナリティクス)によるエビデンス駆動型教育に関する学術研究を推進する事業

  2. エビデンス駆動型教育の実現に資する情報システム(例えばLEAFシステム)を用いた実践を推進する事業

  3. エビデンス駆動型教育に関連する研究分野の研究者、学校等の教育実践者、及び行政等の政策立案者などの産学官の連携、及び関連する国際交流を促進する事業

  4. 前各号に掲げる事業の啓蒙のための講演、情報提供及び出版物の刊行に関する事業

  5. 前各号に掲げるものの他、当法人の目的を達するために必要な事業

LEAFおよびBookRollシステムについてはこちらをご覧ください。

組織

名称

一般社団法人 エビデンス駆動型教育研究協議会

英名

Research Council of Evidence-Driven Education

略称

EDE

設立

2021年5月25日

役員

代表理事:緒方 広明(京都大学学術情報メディアセンター)

理事:島田 敬士(九州大学大学院システム情報科学研究院)

理事:殷 成久(神戸大学情報基盤センター)

監事:魚崎 典子(大阪大学国際教育交流センター)

所在地

京都市

連絡先

本サイトお問い合わせフォームよりご連絡ください。